蓮沼康之容疑者はどんな先生だった?いくら出費していた?

3日午後、小学校教師蓮沼康之容疑者が覚せい剤と大麻を所持していた疑いで現行犯逮捕されました。

今回は、蓮沼康之容疑者のプロフィールや覚せい剤・大麻に費やしていた金額などを紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

容疑者

小学校の教師が、覚せい剤と大麻を所持していた疑いで現行犯逮捕された。

神奈川県の藤沢市立滝の沢小学校の教師・蓮沼康之容疑者(43)は、覚せい剤3袋と乾燥大麻2袋などを、藤沢市の自宅で所持していたところを現行犯逮捕された。

覚せい剤は、台所の食器棚の中に隠してあり、大麻が詰められたパイプも数本押収されている。

調べに対して、蓮沼容疑者は容疑を認めていて、警察は、使用状況や入手経路などを捜査する方針。

蓮沼容疑者の逮捕について、藤沢市では、「事実を確認したうえで、厳正に対処したい」としている。

引用:FNN

今回の事件で一番の驚きは、やはり蓮沼康之容疑者が小学校の教師であったことなのではないでしょうか。

覚せい剤や大麻を使用していれば、体力的、精神的被害がありますが、正常な状態で児童たちと接していたのか疑問に思います。

今回の事件で、学校はもちろん、藤沢市立滝の沢小学校の児童やその保護者は不安が募るばかりでしょう。

蓮沼康之容疑者は一体どんな生活を送っていたのでしょうか?

蓮沼康之容疑者 プロフィール・経歴

本名蓮沼 康之 (はすぬま やすゆき)
年齢43歳
職業小学校教師
住所神奈川県藤沢市善行
家族構成不明

ただいま、入手できた蓮沼康之容疑者に対する情報はこのようになっています。

また、新たな情報が公開され次第追記させていただきます。

スポンサーリンク

蓮沼康之容疑者 勤務先小学校

こちらが藤沢市立滝の沢小学校の地図情報とストリートビューです。

小学校の周りは住宅地が広がっているように見えます。

子ども連れの家族が多い町で薬物を使用している人がいたこと自体怖いですよね。しかも、今回はそれが小学校の教師だったということです。

またツイッターでは、

と卒業生が反応しています。

蓮沼康之容疑者 出費はいくら?

小学校の教師をしているだけでは、なかなか補えるような価格ではない覚せい剤と大麻ですが、詳しい値段を調べてみました。

覚せい剤(結晶状)6万円/g
乾燥大麻4千円/g
大麻樹脂8千円/g

使用期間にもよりますが、決して安いものではないことがわかります。

もし、かなり前から使用していたならば、そのための資金は一体どこから得ていたのでしょうか。しかし、今回の事件で、小学校側が蓮沼康之容疑者が覚せい剤や大麻を使用していたことに気づかなったということは、まだ多くは摂取していなかったと予想されます。

スポンサーリンク

ネットの反応

どこで薬に出会うんだろうか。ネット?芸能人ならわかる気がするけど、小学校の先生だからニュースになってるだけで、捕まってない人がめちゃくちゃいると思う。

自宅に捜査が入るなんて、事前に情報あったんでしょう。子供や保護者からなら、学校でも不審な言動があったんでしょうか。
ニュース中だけでなく身近なとこではびこってるんでしょうね良識あるであろう教師までクスリの虜になるとは。。

恐ろしい事態だね。各学校は抜き打ちで薬物検査を実施した方が良い。子供に何かあってからでは遅い。日教組は反対するだろうが。

こんな人に子供を預けていたと思うとゾッとするね。子供にはなんて説明するんだろうな。学校の先生の質が下がってる気がする

シャブ中が小学校の先生だったなんて恐ろしい。子供達に危害を加えなくて良かった。

引用:Yahoo!ニュース

やはり、毎日子どもと接している小学校の教師が覚せい剤や大麻を使用していたことに対して驚いている方が多かったです。

最後に

今回の事件で、被害者がいなかったことは本当に幸いです。

しかし、もし今逮捕されていなかった場合、被害にあった人がいたかもしれません。

今回の事件を踏まえて、どんな人が薬物を使用していても不思議ではないことが言えると同時に、常に周りへの注意が必要しなければなりませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする