新立文子の驚きの運転ミスとは?!プロフィールや事故現場紹介!

8日午前10時15分頃、大津市大萱6丁目の丁字路の県道交差点で、車が保育園児の列に突っ込むという悲劇的な事故で無職の女性、新立(しんたて)文子容疑者(52)が逮捕されました。

そこで今回は、新立容疑者のプロフィールや事故原因、詳しい事故現場の様子などを紹介します。

スポンサーリンク

事故の概要

事故現場

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の丁字路の県道交差点で車2台がぶつかり、うち1台がはずみで保育園児の列に突っ込んだ。滋賀県警によると、園児2人が死亡、1人が重体。県警は車を運転していた2人を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、容疑を同致死傷に切り替えて調べている。

県警によると、亡くなったのは、近くのレイモンド淡海(おうみ)保育園に通う伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)=同市大江5丁目=と原田優衣(ゆい)ちゃん(2)=同市大江2丁目。男児(2)が意識不明の重体となっている。ほかに2~3歳の園児10人が重軽傷、引率していた保育士3人も軽傷を負った。

 逮捕されたのは、無職の新立(しんたて)文子容疑者(52)=同市一里山3丁目=と無職の女性(62)=同市。女性については、8日夜に釈放された。県警によると、直進してきた女性の軽乗用車が、右折しようとした新立容疑者の乗用車と接触。その後女性の軽乗用車が、散歩中に信号待ちをしていた園児らがいる歩道へ突っ込んだとの目撃証言があるという。

 新立容疑者は「前をよく見ていなかった」、女性は「右折車をよけようとハンドルを左に切った」との趣旨を供述。2人は、それぞれ別の大型量販店から帰宅する途中だったという。2人にけがはなく、同乗者もいなかった。

引用:朝日新聞

園児が2人死亡、10人が重傷という悲惨な事故です。

なぜこのような事故が起きてしっまのか詳しく見ていきましょう。

新立文子容疑者のプロフィール

本名新立 文子(しんたて ふみこ)
年齢52歳
職業無職
住所滋賀県大津市一里山3丁目
逮捕容疑過失運転致傷容疑

こちらが、現在わかっている範囲の新立容疑者の情報です。

Twitter・facebookは?

SNSも調べてみましたが、本人らしきアカウントは見つかりませんでした。

また新たな情報が見つかり次第、追記させていただきます。

新立文子容疑者 事故現場

事故現場

引用:NNN

事故現場は大津市大萱6丁目で琵琶湖沿いの交差点で発生したことがわかりました。

下記はGoogleマップで調べた事故現場の詳しい地図情報です。

 

 

見晴らしの良い道路に見えます。

スポンサーリンク

新立文子容疑者 事故原因

今回のような悲惨な事故が起こってしまった原因は何だったのでしょうか?

取材によりますと、

直進してきた女性の軽乗用車が、右折しようとした新立容疑者の乗用車と接触。その後女性の軽乗用車が、散歩中に信号待ちをしていた園児らがいる歩道へ突っ込んだ。

引用:朝日新聞

とのことです。

下記は、事故経由を表した図です。

事故現場   引用:朝日新聞

また、

新立容疑者は「前をよく見ていなかった」、女性は「右折車をよけようとハンドルを左に切った」

引用:朝日新聞

と供述しています。

新立容疑者は、なぜ運転中に注意を払って前を見ていなかったのでしょうか。交差点近くはなおさら注意をするべき場所です。

なにか他のことをしながら運転していたことも考えられますが、ちょっとした油断が今回のような事故の繋がってしまい、とても悲しいです。

新立文子容疑者 被害者

園児

  • 2 人  死亡
  • 1 人  意識不明の重体
  • 10人 重軽傷

保育士 3人 軽傷

信号待ちをしている所に車が突っ込んだため、よりたくさんの被害者が出てしまいとても悔しい気持ちになります。

スポンサーリンク

レイモンド淡海保育園

今回の事件で被害に遭った園児たちと保育士が通うレイモンド淡海保育園の地図情報です。

事故現場の交差点まで、大人が歩いて3分程度と、とても近い場所に位置していることがわかりました。

散歩しに行くところだったのか、帰って来るところだったのかはわかりませんが、保育園から近い場所で事故が起こってしまったことになおさら悔しいです。

レイモンド淡海保育園 園長

園長

引用:朝日新聞

会見中のレイモンド淡海保育園の園長の様子です。

悲しさのあまり泣き崩れてしまったようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

普通に考えて右折車が悪いと思う

遺族の方も含めて保護者の方々の、保育園側への責任追及はやめて欲しい。
幹線道路に面した保育園で、天気の良い日の散歩で信号待ちは当然の立地。琵琶湖湖畔は、子供達に楽しい場所だったに違いない。
今回の事故は防ぎようがないし、すぐに対策が立てられるのか疑問だ。引率可能な保護者や、ボランティアの方々の力を拝借し、散歩の早急な復活も検討してもらいたい。
全国の保育園でも、同様な悩みで散歩対策を見直さざるを得なくなった。

マスコミとしては子供が犠牲になる方が面白いのでしょう。無謀な運転行為が招いた結果であり、責められるべきは運転者の方で保育園側を断罪するのは間違いでしょう。歩道と車道が分離されていても、車が歩道に突っ込めば防ぐ手段などありません。「外に出るな」とか「引率者が盾になれ」とでも言いたいのでしょうか。

右折車が悪い可能性が高いけど、実際にひき殺した直進車の運転手が重罪で、仮に右折車が園児の列にはぶつかっていないならほぼ罪状無しになるんだよね、理不尽としか言いようがない。

これから辛いでしょうね…
自分だったらと思うと鳥肌が立ちます。
何とか今重症の患者さんが無事峠を乗り切れることを祈ります。

右折車がよく、対向車線に突出してる事が多い。交差点で直進車の妨げになるから本当にやめてほしい。都内だと交通量が多く危険だから、右折車は突出しないでくれ!と思う事が多々ある。右折車はじっくり待って安全を確かめてから動き出してほしい。

最近よく思うのは、視野の狭いドライバーが多過ぎること。
車道はしっかり気にするけど、歩道は一切見ない。
その結果に起きた事故のように思う

引用:Yahoo!ニュース

 

事故後に行われた、会見に対する意見がいくつかありましたが、やはり、新立容疑者の運転の不注意への批判の声が多くありました。

スポンサーリンク

最後に

まだ、小さな園児がこのような事故に巻き込まれてしまったことにとても胸が痛くなります。

このような事件が二度と起こらないように、運転者はより注意をするべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする