ペルセウス座流星群 きれいに観測するためのお得な情報を紹介!

流星

引用:Yahoo!ニュース

今年の夏も、流星群の見ごろ時期がやってきました。

ペルセウス座流星群が、8月12日(日)の深夜から13日の未明にかけてが、日本では最大の見ごろになるそうです。

今回は、そのペルセウス座流星群について、流星群の科学的現象、おすすめ観測スポットなどを紹介します。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群見ごろ時期

天体観測

引用:https://www.irasutoya.com

今回のペルセウス座流星群が極大となるのは、8月13日(月)午前10時だそうです。しかし、日本では、昼間なので肉眼で見ることができませんが、8月12日(日)の深夜~13日未明が一番の見ごろだそうです。

さらに、今年は新月が8月11日(土)なので、月明かりの影響がない状態で観測することができます。

流星はどのようにして生まれる?

宇宙

引用:http://weathernews.jp

太陽の周りには、定期的に周っているあらゆる種類の彗星があります。

それらの彗星が残したチリが地球の大気圏に突入し、そのチリが大気圏中の原子や分子と衝突したときに光を放ちます。その光が流れ星として見えるそうです。

ペルセウス座流星群の母天体(流星群のもととなるチリを放出する彗星)は、

太陽の周りを約130周期で公転しているスイフト・タットル彗星という彗星です。

また、毎年決まった時期に、特定の場所から流れる流れ星を流星群と言います。

つまり、ペルセウス座流星群も毎年決まった場所から放射されるということです。

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群とは、毎年ほぼ、確実に観測できる三大流星群の1つで、条件が良ければ最大で40個もの流れ星を観測できるそうです。

<三大流星群>

1月しぶんぎ座流星群
8月ペルセウス座流星群
12月ふたご座流星群

ペルセウス座流星群は8月と、ちょうど、お盆や夏休みに当たる時期なので、一番観測しに行きやすい時期なのではないでしょうか。

ペルセウス座

引用:国立天文台

また、観測される流星の放射点がペルセウス座の中にあることから、ペルセウス座流星群という名前が付いたそうです。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群の観察方法

天体観測

引用:https://josei-bigaku.jp

名前の由来の通り、ペルセウス座流星群はペルセウス座付近から放射されるわけですが、その点でしか流れ星が見えないわけではありません。

放射点近くでは、ゆっくりと短い線を描いて光りますが、放射点から離れた場所では、素早く長い線を描いて光るそうです。

空のどの位置や方角から放射されるかは、しばらく観察してからではないとわからないそうですが、流れ星を見つけた後は、軌道の速さや、経路で放射点を予想することができるのです!

また、流星群は肉眼で観測することできるので、特別に準備しておくべきものはありません。

おすすめ観測スポット

ここでは、代表的な全国の観測スポットを地域別に紹介します。

東北秋田釣瓶落峠
 秋田・青森発荷峠天文台
 岩手ひろのまきば天文台
 種山高原
関東東京夢の島公園
 神奈川湘南国際村
 埼玉堂平山天文台
 栃木戦場ヶ原
 千葉東浪見海岸
中部愛知・長野茶臼山高原
 愛知スターフォーレスト御園
 三重星の広場
関西和歌山かわべ天文公
 奈良鶴姫公園
 兵庫アルビレオ天文台
  西はりま天文公園

中国・四国広島宇根山天文台
 島根にちはら天文台
 岡山星田池
 愛媛東温市立図書館天体観測室
 徳島南阿波サンライン第一展望台
 高知梶ヶ森天文台
九州・沖縄熊本清和高原天文台
 長崎コスモス花宇宙館
 福岡星のふるさと公園
 鹿児島屋久島 千尋の滝展望台
 宮崎たちばな天文台
 沖縄竹富町波照間島星空観測タワー

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

流星が誕生する過程などを考えると、なんだか神秘的な感じがします。

ペルセウス座流星群は、三大流星群の1つで観測できる確率も高いので、

夏の思い出のためにもちょっとだけ夜更かしをし、夜空を眺めてみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする