ゴッホ「星月夜」とVR 新感覚で味わう絵画、VRの未来と可能性

今、歴史的に有名な絵画の中に入ることができる、VR(Virtual Reality)体験の動画がYouTubeで話題になっています。

そこで今回は、VRで楽しむ絵画やVRの最新技術や未来について紹介します。

スポンサーリンク

VRで楽しむ名作絵画

絵 引用:MUSEY

360度動画

歴史的に有名なゴッホの作品、「星月夜」をVRで楽しむことができる360度動画を中国・上海のモーションマジック社が制作し、YouTubeで公開されています。

”絵画の中に入る”といった、今までにはない感覚で楽しめるという点で注目されているようです。

また、美術館や博物館では、従来の音声やビデオガイドだけではなく、VRを用いた新感覚のアトラクションを取り入れているところもあるようです。より多くの方に訪れてもらうためには、興味深いアトラクションかもしれませんね。

その他の名作絵画

ゴッホの星月夜以外にも、VRで楽しめる動画もいくつかあります。

ダリ 「ミレーの晩鐘の古代的回想」

絵 引用:MUSEY

360度動画

不思議な世界に飛び込んだ気持ちになりますね。

ちなみに、こちらは、ザ・ダリ・ミュージアムのダリ特別展の「Disney & Dali: Architects of the Imagination」の一環として制作されたそうです。この企画は、美術館に訪れた方に大好評で、来場者が37%も増えたようです。

モネ 「睡蓮の池」

絵 引用:ポーラ美術館

360度動画

美術館や博物館でのVR活用

”絵画の中に入る”というように、現実では不可能な世界に入り込むというアイディアのもとに、VR技術を活用している美術館や博物館もあるようです。

実際、上野国立博物館では、一般公開していない江戸時代の色絵月梅図茶壺を、ヘッドマウンテンディスプレイを装着し、内部から見るという新しい企画も行っていました。

また、先ほど紹介したダリの「ミレーの晩鐘の古代的回想」のように、VRを使うことにより絵画作品を体験型で楽しむことができるため、より多くの人に美術館や博物館に来てもらうためには、なかなか面白い企画かもしれませんね。

スポンサーリンク

VR 最新技術

進化し続けるVR技術。

ここではVRの最新技術をご紹介します。

VRとは?

VRは、

Virtual Reality(バーチャルリアリティー仮想現実)の略称。コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術。この技術を体験するには、ヘッドマウントディスプレー(HMD)と呼ばれる、ゴーグル型のデバイスを頭部に装着する必要がある場合が多い。

引用:コトバンク

ということです。

VR手袋

VRの世界をさらに進化させるきっかけとなるVR手袋。この手袋は、VRの世界でものを触ったときに、触ったものの感触や熱までも感じることができることが可能になると言われています。

この手袋は、ゲームの世界で大活躍しているVR技術では革新的な道具になると思います。

手袋

引用:https://japanese.engadget.com

VRモーションチェア

VR モーションチェアは、より現実に近いシュミレーションを目指した技術になっています。この技術により、レーシングカーや飛行シュミレーションに用いられるのではないかと期待されています。ウクライナの会社が開発を進めているモーションチェアは、席が360度自由自在に回転し、左右にも30度ずつ動くようになっているようです。

チェア 

引用:https://www.pocnetwork.net

実際に飛行機などに乗らなくても、モーションチェアで訓練することができるようになる未来も来そうですね。

VRの未来

VRはこれからも進化し続けるであろうと、開発はますます進んでいます。

しかし、どんな目的や利点があるのでしょうか?

Oculus VR

Oculusは、VRを通して見る世界が、よりクリアで人間の目に負担がかからないような技術開発を目指しているようです。また、その人が画面のどこに注目しているのかを追跡する技術や、3Dサラウンド音声の開発も進んでいます。

そして、Oculusのチーフ・サイエンティストを務めるマイケル・エイブラッシュ氏は、

視界の全てのピクセルを自由に操作し、バーチャルなものをリアルへ、逆にリアルなものをバーチャルへ、自由に行き来させることができる技術の開発を目指す。

単にものが現れたり消えたりするだけでなく、色や表面の感じなども含め、目に見えるすべてを自由自在に操れるようになります。

引用:https://www.moguravr.com

と発表していました。

VR

引用:https://www.moguravr.com

いかに、人間の健康に影響を与えず、VRの可能性を拡大させていくことが鍵となると思います。

VRと医療

医者 

引用:https://www.moguravr.com

VRは、”シュミレーション”として大きな役割を果たすことでしょう。その中でも、失敗を許されない医療現場では重要な訓練技術になることが考えられます。

すでに、「VR解剖図」を用いた手術演習が行われており、より直感的な訓練をストレスなく行うことができることで注目されています。

リラックスした状態で訓練できることは、最大の利点だと思います。また、VRなので費用削減にもつながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

いかかでしたか?

絵画の中に入り込むという発想から、厳しい訓練をリラックスした状態で行うという発想まで、VRの可能性はとても大きなものだということがわかりますね。

今後の発展が楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする