2歳男児死亡事故、事故現場や原因は?母親のしつけ方法に批判多数?!

大阪市浪速区塩草のマンション中田快音(かいと)ちゃん(2)3階から転落し、死亡した事故が起こりました。

そこで今回は、事故現場や事故原因、ネットの反応をまとめました。

スポンサーリンク

事故の概要

マンション

引用:NNN

大阪市浪速区塩草のマンションで3日に住民の男児(2)が3階から転落した事案があり、大阪府警浪速署は5日、男児が死亡したと発表した。同署は事件と事故の両面で詳しい状況を調べている。

 同署によると、男児は3階に住み、母親(36)らとの4人暮らし。母親の説明では、3日午前11時40分ごろに部屋でおもちゃを散らかしていた男児をベランダに出したところ、約10分後に約10メートル下の敷地内に転落していることに気づいたという。ベランダは高さ約120センチの壁があり、壁の近くには水槽などが置かれていた。

 男児は病院に搬送されたが、5日午後に死亡が確認された。

 現場は、JR難波駅から南西約500メートルのマンションや中学校などが立ち並ぶ住宅街。

引用:産経新聞

2歳の男の子が3階から転落し、死亡するという短時間で悲劇的な事故が起こりました。

大阪 事故現場

事故が起こったマンションを調べてみました。

マンションは大阪市浪速区塩草1丁目内に位置し、ニュースの映像から下記に記載した場所と予想されます。

 

事故原因

母親は、

「家族で遊びに出かける時間になってもおもちゃを散らかしたままだったため、しつけるつもりだった」

「おもちゃを片付けず、しつけでベランダに出していた」

引用:朝日新聞

と説明しています。

子どもの声が聞こえなくなり、様子を見た時には転落していたとのことです。

しつけとして行ったことが、このような大事故に至ってしまったことをとても悲しく思います。

ベランダの手すり壁の高さは1.2mあったと報道されていることから、お母さんは、2歳の子どもがそのような高さを飛び越えられるとは思っていなかったと考えられます。

また、近くにあった水槽を踏み台にして飛び越えたのではないかと考えられています。

スポンサーリンク

ネットの反応

二歳に片付けなんて無理だよ。大人でも出来ない人いるでしょう。可哀想に。どうか安らかに。

2才児を、しつけでベランダに出すなんて…危ないと思わないのか…と思ってしまいました。2才児を、家のなかから追い出すようなことは、しつけではなく、虐待だと思います。

魔の二歳児という言葉もあるくらい、この年代の子供の躾は難しいです。
だからこそ、根気よく接していかないといけないと思います。
自分も2児の親として通ってきた道なので分からなくもないですが、二歳児に片付けをさせるなら親も一緒にしなければいけないし、ベランダに出したところで躾にはなりません。

この寒い時期に2歳の子をベランダに10分も放置しますかね?
事件と事故の両方で捜査して頂きたいですね。

ベランダから子供が落ちて転落死する事件は何度も何度も起こっているし、しかも水槽などの足がかりになるものが置いてあればその確率は跳ね上がると思うのだけど、なんで2歳の幼児をベランダに出して締め出してしまうのか本当に意味が分からない。これは殺人に近い事故だと思う。

三歳くらいの子供は、本当に大変。母親は、本当に悔やんでも悔やみきれない重しをこれから抱えないといけないことに。

踏み台になるような物を置いておく時点で親としての自覚が足りないし、リスク管理がなってない。

親が愚かだと 子供は必ず不幸になる。寒くて怖くて、逃げ場を求めて 乗り越えてしまったんだろうな。かわいそうに。ご冥福をお祈りします。

三つ子の魂百までとはいうので3才までのしつけが大切とは思うが寒い時期にしかも高さがあるベランダに出すのは虐待。二歳の子には酷。

躾でベランダに出す…納得はできないけど、それが躾だというのならベランダに水槽とか足場になる物は置いてはいけないと思う。

二歳に片付けは無理だよー!躾のためと本人は言ってても、私には虐待に感じてしまう…
まぁ、お母さんも子育て必死だったのかもしれないけどね…

魔の2歳児と言われている年齢なので、いろいろと悩んだりイライラすることもあったと思います。もしかしたら躾よりも、目の前にいると感情をぶつけてしまいそうなので、自分から遠ざけるつもりでベランダに出したのかもしれません。今回のように家からしめ出したり、押し入れに閉じ込めたり、反対に自分が家を出る経験をしたお母さんは結構多いのでは?

引用:Yahoo!ニュース

お母さんのしつけの仕方に対する意見が多くありました。

スポンサーリンク

最後に

今回のような事故が起きてしまったことをとても残念に思います。

お母さんは、あくまでもしつけのために子どもをベランダに出したということですが、まだ2歳の子どもですし何が起こるかはわからないので、注意が足りなかったとも言えるかもしれません。

中田快音ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする