木下弘一のプロフィールや家族構成は?ネットの反応を紹介!

20日、長男(4)を布団に叩きつけ、重傷を負わせたとして、父親の木下弘一容疑者(27)が逮捕されました。

そこで今回は、木下容疑者のプロフィールや家族構成、ネットの反応などを紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

保育園児の長男(4)を布団にたたきつけ、右の鎖骨を折る重傷を負わせたとして、兵庫県警加古川署は20日、傷害容疑で父親の会社員木下弘一容疑者(27)=同県加古川市=を逮捕した。「『パパ嫌い』と言われ腹が立った」と供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は18日午後9時55分ごろ、自宅の寝室で長男を床の布団にたたきつけ、全治3カ月の骨折をさせた疑い。

 加古川署によると、木下容疑者が18日午後11時ごろ、長男を兵庫県高砂市内の病院に連れて行き「長男の手を持って投げ飛ばした」と説明した。病院からの連絡を受けた児童相談所が19日、同署に通報した。

引用:共同通信

いくら腹が立ったと言っても、自分の子どもに全治3カ月の骨折を負わせるほどの暴力的な行動をとったことには驚きですし、とても悲しいです。

長男が、「パパ嫌い」と言うことには理由があるのではないでしょうか。木下容疑者が、普段、自分の子どもとどのように接しているのか気になります。

木下弘一容疑者 プロフィール

本名木下 弘一
年齢27歳
職業会社員
住所兵庫県加古川市
家族構成
妻(27)、長女(6)、長男(4)

こちらが、現在わかっている範囲の木下容疑者の情報です。

木下容疑者の家族構成を調べてみたところ、長男以外にも、奥さん(27)と長女(6)と4人暮らししていたことがわかりました。

木下弘一容疑者 twitter・facebookは?

Twitterやfacebookアカウントも調べてみましたが、本人らしきアカウントは見つかりませんでした。

また、新たな情報が見つかり次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

木下弘一容疑者 犯行動機

木下容疑者の犯行動機は、

「『パパ嫌い』と言われ腹が立った」

引用:共同通信

と報道されています。まだ、4歳の子どもですし、何を言われても親として暴力を振るうということは絶対に許されません。

小さい子どもは、何に対しても、はっきりと思ったことを発言するので、「パパ嫌い」と言われてしまうような行動を、木下容疑者は普段からとっていた可能性もあります。

木下容疑者は27歳と、父親としては比較的若いのではないでしょうか。そのように考えると、木下容疑者は21歳で、すでに子どもがいたことになりますし、経験があまりなかったり、子育てやしつけの仕方がわからない部分があったのではないでしょうか。

もし普通に接していたとしたら、仕事でストレスが溜まっていて、息子にそのようなことを言われ、気持ちが高まり、暴力を振るってしまったということも考えられます。

木下弘一容疑者 他の家族は?

犯行動機は先ほど記載した通りですが、他の家族はどこにいたのでしょうか?

調べてみたところ、

事件当時は全員が寝室にいた

引用:産経新聞

ことがわかりました。事件が起こったのは、午後10時ごろですし丁度寝るところだったと思われます。しかし、全員が寝室にいたということは、木下容疑者の行動を他の家族もみんな見ていたことになります。

奥さんはどのような気持ちだったのでしょうか。また、長女も、自分の父親がそのような行動をとってるのを見て、怖かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

木下弘一容疑者 事件現場

こちらが、事件現場の木下容疑者の住宅がある兵庫県加古川市です。

 

ネットの反応

暴力をふるって好きと言わせるのか。なんて父親だ。

え、毎日言われますよ、ママがいい、パパ嫌いって。。。でも、困った時はパパ~ってくるから可愛い。親が子供なんでしょう、それでも子供はパパも好きなはず。愛情持って接してあげて欲しいです。

このぐらいの歳の子は本心ではそう思ってなくても深く考えずに「嫌い」とか言うからね。

ひとつだけ救いなのは病院に自分が怪我させたことを正直に話していることですね。
これを機に心入れ替えて欲しいです。

大人げないとはこの事ですね。

まあ、正直に申し出たということは反省しているということだろう。ただ、日常的に虐待などがなかったかは厳しく取り調べてほしい。また。必要な監視体制をしっかりと取るべき。本人が反省するのは当然として、地域や行政がしっかりと(監視を含めて)サポートしていくべき。

お父さん
小さな子どもが自分の事を無条件に受け入れてくれる存在だと思っていたんだね
でも自分はどうだったんだろう
いい父親になるって葛藤中だったんじゃないかな
もしかしたら毒親と呼ばれる人に育てられ、毒親と認めたくなくて暴力を肯定していたのかな
カウンセリングを受けて客観的に自分を見て、消化したらまた子育てしたらいいと思う
子育ては葛藤の毎日だけど
自分も育ててもらう子どもとは大きな存在だと思う

このお父さんは、一生懸命、育児をしていたんじゃないかな?子供の寝かしつけをしていたとか。子供に暴力を振るって怪我をさせるのは絶対ダメですが、お父さんにも色々な事情があったのでは?育児疲れをしていたのでは??親子関係が修復される事を願います。

自分に似てるからむかついたんじゃないの?大きくなったらやりかえされるかもね。

本当に嫌だったら、近寄りもしないと思います。もう、父親には恐怖しか抱かない。
成長に連れて更に父親を避けるようになる。その度に暴力や力で解決するのか。

カッとなりやすい人なのかな?
だとしたら今反省してても、また同じ事をするかもしれない。
児相の方には、そういったところも見極めた上で、本当に子供の為になる対応をして欲しい。
大変でしょうけど、お願いします。

これまでにどういう経緯があったかは知らんが、父親がいない時の母親が子どもに対して父親のことをどの様に言ってるかもあるからな。
子どもは母親の影響を一番受けやすい。

子供は深い意味もなく、その場の気持ちを素直に言っただけだと思う。
これからは、もう何度嫌いと言われても、今回の事を反省して息子からの
信頼を取り戻す努力をしてほしい。

引用:Yahoo!ニュース

ネット上では、親目線のような意見も多くありました。

スポンサーリンク

最後に

子どもは、まだ成長過程ですし、特に4歳という年頃は、はっきりと物事を言ったり、わがままな行動をとることは日常茶飯事です。木下容疑者は、普段の仕事の疲れもあったかもしれませんが、どんなことを言われても、暴力を振るうことは許されません。

今回の件で、木下容疑者は自分の行動を振り返るきっかけになったのではないでしょうか。

また、長男も元気になって復帰することいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする