出来公一容疑者のプロフィールは?事件現場特定!

神奈川県・相模原市で、道路に張られたロープに引っかかってバイクを運転していた男性が大けがをした事件で、現場近くに住む、出来公一容疑者(41)が逮捕されました。

そこで今回は、出来容疑者のプロフィールや事件現場、ネットの反応などを紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

容疑者

神奈川・相模原市で、道路に張られたロープにバイクが引っかかり転倒し、男性が大けがをした事件で、警察は、現場付近に住む41歳の男を逮捕した。

逮捕されたのは、相模原市南区に住む、職業・パートの出来公一容疑者(41)。

出来容疑者は12月26日、相模原市南区の路上で、ロープがくくりつけてあった看板を動かして道路にロープを張り、その直後に走ってきたバイクを転倒させ、45歳の男性にけがをさせた疑いが持たれている。

犯行の一部始終をとらえた防犯カメラの映像が決め手となり、警察は、現場付近に住む、出来容疑者を殺人未遂の疑いで29日朝、逮捕した。

引用:FNN

現場近くに設置されていた防犯カメラが、犯人特定に役立ったようです。

出来公一容疑者 顔画像

出来容疑者

引用:NNN

こちらが出来容疑者の顔画像です。

出来公一容疑者 プロフィール

本名出来 公一 (でき こういち)
年齢41歳
職業パート
住所神奈川県相模原市南区相模台団地
逮捕容疑
殺人未遂

出来公一容疑者 twitter・facebook

出来容疑者のツイッターフェイスブックも調べてみましたが、本人らしきアカウントは見つかりませんでした。

また新たな情報が見つかり次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

出来公一容疑者 事件現場

事件現場を詳しく調べてみたところ、相模台団地近くにあるローソン沿いの道路であることが判明しました。

 

こちらがストリートビューです。

 

出来公一容疑者 犯行動機

死亡事故に繋がる可能性がとても高い事件でしたが、出来容疑者は一体どのような理由のもとこのような犯行をしたのでしょうか。

犯行動機は、

「日々のストレスの解消のためにやった」

引用:産経新聞

と驚くような内容でした。仕事などのストレスがあったのかと考えられますが、個人的なストレス解消を理由に、他人の命を危険にさらすような行動は許されません。

その一方で、

「オートバイなどがロープに引っかかれば危ないということは分かりますが、死んでもいいとは思っていませんでした」

引用:産経新聞

とも供述しています。

ネットの反応

・無差別殺人の可能性もある。考えうる最高刑が必要。

この時間にバイクで通行ってことは仕事で通勤してるとしか思えない、何の恨みかはっきりさせる必要はあるんじゃないすか、裁判。殺人未遂かつ道路交通法違反、免許証返納しても更に前歴が重なる一方。殺人鬼とは言えないけど

出来の悪い大人になったなぁ。

普通に生きていれば、どういう行動をとればどういう結果が起きうるか容易に想像できるはず。それが出来ないからいつまで経ってもパート従業員なんだろうね…いい歳して恥ずかしくないんか?

これから起訴されて、もっとストレスが溜まることになりましたね。

「危ない」とは分かっていて「死ぬかも」ということは考えられないのか。足りない頭だな。

この男の思考回路では恐らく何をやっても上手く行かないと思う。

多くの人が、何かしらのストレスは抱えています。でも、こんな事しません。

41才パート男 ストレス溜まるよな 別に失うものもないし どうにでもなっちゃえって感じかな

こんなのがいると思うとほんと怖い おちおちバイクはおろか自転車にも乗れない…

厳罰で。日頃ストレスが溜まっていてとか言い訳は一切聞くことは無いですよ。

引用:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

出来容疑者のストレス解消という理由で起きた事件ですが、どんな理由であってもこのような行動は許されません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする