千葉侑容疑者の家族構成や驚きの家庭状況とは?!

生後1か月の息子に白湯しか与えず放置させて死亡させたとして、無職で母親の千葉侑容疑者(28)が逮捕されました。

そこで今回は、千葉容疑者のプロフィールや家族構成、家庭状況などを調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

家

生後1か月の息子にわずかな飲み物しか与えず、放置し死亡させたとして、宮城県仙台市に住む28歳の母親が逮捕された。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、仙台市青葉区の無職・千葉侑容疑者(28)。警察によると千葉容疑者は、同居する生後1か月の二男・楓翔ちゃんに、わずかな飲み物しか与えず、放置し栄養失調などで死亡させた疑いがもたれている。

17日、千葉容疑者の母親が家を訪れ、衰弱している楓翔ちゃんに気づき病院に連れて行ったが、18日朝に死亡が確認された。

警察の調べに対し千葉容疑者は、「10日前ぐらいからミルクを買うお金がなかった」と容疑を認めている。

警察は、司法解剖を行い、死因を詳しく調べる方針。

引用:NNN

ミルクを買うお金もないくらい経済的に苦しんでいた様子ですが、千葉容疑者はアルバイトなど少しでも働こうと思っていたのでしょうか。

また、どのような家庭状況だったのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

千葉侑容疑者 プロフィール

名前千葉 侑(ちば ゆう)
年齢28歳
職業無職
住所宮城県仙台市青葉区桜ケ丘1丁目
家族構成
夫、双子、長男、長女(子ども計4人)
逮捕容疑保護責任者遺棄致死

なんと千葉容疑者には計4人の子どもがいることがわかりました。

また、

調理師の実父と同居。

引用:毎日新聞

とのことです。

旦那さんの収入のみでは、家族全員分の生活費を賄えなかったのではないかと考えられます。

子ども4人分しっかり支える経済的状況を整えられていなかったのは親としての責任を果たしていなかったと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

千葉侑容疑者 家庭状況

千葉容疑者は、生後1か月の次男以外に3人の子どもがいるとのことですが、次男のミルクを買うお金がなかったことから、他の子どもたちはしっかり育てられていたのか疑問がわきます。

詳しく調べてみたところ、

上の2人は児童相談所に預けられているという。

引用:毎日新聞

とのことです。

さらに、

楓翔ちゃんには、双子の弟がいますが、同様にわずかな白湯などしか与えられておらず、入院中だということです。

引用:TBC東北放送

このような事実から、千葉容疑者はもともと、子どもをしっかりと支える経済的状況ではなかったのではないかと思われます。

双子ができてから、さらに経済的に厳しくなり、上2人の子どもを児童相談所に預けることにした可能性も考えられますが、いずれにせよ、親として、子どもをつくる前に深く考えるべきだった思います。

双子の弟も同じような状況だったことを考えるととても悲しいです。

千葉侑容疑者 自宅

千葉容疑者の自宅は仙台市青葉区桜ケ丘1丁目内です。

アパート

引用:ANN

自宅の特定までには至りませんでしたが、報道されていた映像と比べてみたところ、桜ケ丘県営住宅で暮らしていたのではないかと思われます。

下記は桜ケ丘県営住宅のストリートビューです。

 

小さめのアパートで、築年数の古いアパートという印象があります。

スポンサーリンク

ネットの反応

そこを節約するか?双子はたいへんだけどこうなる前にどこかに助けを求めてほしかった

経済状況から育児が可能か冷静に判断できる大人は、産まない人生を選択できるでしょうが、そういう能力に乏しかったり、避妊の意識に欠けている場合、残念な結果になりますね…
子どもに罪はないので、心が痛みます。

相談出来なかったのか?残念では片付けられない。まさか、スマホとかは、ミルクよりも優先して支払いしてるんかな?

長男、長女が居て、生後2ヶ月の双子の育児。お金も無く、生活が不安定なら、なるべくしてなった結果だと思います。近くに相談できる人が居れば良かったのに。こういう人達の為に税金を投入し、未来ある子供達の命を守ってあげて欲しい。

個人的にこのような事件は、強盗や障害などの事件よりも酷いと感じてしまう。

父親は何してるんだ?父親はミルク与えなかったのか?

なら何故産んだ?

とにかく可哀想過ぎる。何のために産まれて来たのか、産んだのか分からないじゃねぇか。酷いわほんと

そもそもが無計画に子供を作るのが悪い。

引用:Yahoo!ニュース

やはりネット上では、千葉容疑者が子どもをしっかりと育てられる環境を整えていなかったことに対する意見が多くありました。

スポンサーリンク

最後に

生まれてきた子どもしっかりと育て、支える経済的状況を整えることは親の責任です。

今回のような悲しい事件が起きないためにも、深く考えてから行動してほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする